森ノ宮医療学園出版部

鍼灸OSAKA121号

  • 2,097円(税込)
  • 在庫:○
  • 購入する
  • 【内容紹介】
    <特集>触診力をつける

    【目次】
    <口絵>
    琢周流三部書:上巻[秘言集]/中巻[密事集] 身体部位別の『鍼刺要法』から十四経絡別の『鍼方妙術』へ/長野仁
    ・口絵解説
    新出の三部集からみた全105穴系(琢周流)の成立史[下]―琢周の虚像と匹地喜庵の思惑ー/長野仁
    <特集>触診力をつける
    ■鼎談
    初学者へ伝えたい触診ー皮膚や筋肉から得られる情報を判断する力ー/形井秀一,谷岡賢徳,戸ヶ崎正男
    ■アラカルト
    ・触診では何を診ているのか/伊藤剛
    ・体表所見から何が捉えられるか/戸ヶ崎正男
    ・手指で診る、手指で治療する陰陽太極鍼ー”開穴”が教えてくれたことー/吉川正子
    ・触診における情報の重要性/吉崎和樹
    ・触って問題点がわかる切経~「手」を作るための試案/長沼良和
    ・「触診・切経習得について」のアンケート
    ・「手で診る」治療家へのステップ/井上護
    ・『手で診る』『手で治す』理学療法士の触診技術/工藤慎太郎
    <寄稿>
    ■指頭感覚について~習得するために必要なこと~/松林康子
    ■中国・天津で学んだ触診/鈴木琢也
    ■脈診は虚静が重要である/宮川浩也
    <インタビュー>
    ■形井秀一先生に聞く 日本の鍼灸治療において「触診」とは?/編集部
    ■フィリピン・スービック地区での鍼灸治療3日間/金子朝彦,近江國宏
    <トピックス>
    ■熊本・大分地震災害支援活動報告ー①ただ被災地のために/三輪正敬
    ■熊本・大分地震災害支援活動報告ー②行政・多職種医療チームとの連携/田口太郎
    <連載>
    ■ブレイクタイム46
    津島さんのバリア/尾川裕子
    ■史実から見えてくる日本の医学教育3
    西洋医学の伝来と鍼灸学~長州藩の医学教育を例に~/海原亮
    ■身近に!漢方17
    レンギョウ/坂田幸治