森ノ宮医療学園出版部

鍼灸OSAKA114号

  • 2,097円(税込)
  • 在庫:○
  • 購入する
  • 【内容紹介】
    <特集:瞑眩、それとも鍼あたり?>瞑眩(メンケン・メンゲン)、好転反応、鍼あたり、誤治、オーバードーゼ・・・。治療後に起きる主訴の増悪や体調不良については、治療家によって概念も表現も異なるようです。瞑眩や鍼あたりをどのように捉え、治療の中でどのように位置づけ、患者さんにどのように説明するのかを特集します。座談会「ISO/TC249とモクサアフリカ(仮題)」も掲載。

    【目次】
    <口絵>
    『一貞流刺鍼腧穴要訣』の真価─家秘鍼穴と十四経穴の同定作業─/長野仁
    ・口絵解説
    琢周流・匹地流・吉田流の関係性について(2)─114穴系と全105穴系の分派と共存─/長野仁
    <特集>瞑眩、それとも鍼あたり?
    ■座談会I
    瞑眩を巡って/高士将典,新村勝資,安田無観,宮本俊和,濱田淳
    ■アラカルト
    ・瞑眩とは/大友一夫
    ・瞑眩と金鍼/猪飼祥夫
    ・鍼灸治療における瞑眩と暈鍼/金英信
    ・瞑眩に対する見解/藤本彰宣
    ■インタビュー 
    ・体質とドーゼ,鍼あたりについて/谷岡昌子,高松彩
    ・個体差とドーゼ―鍼灸教育の課題について―/形井秀一,高松彩
    <座談会II>
    ISO/TC249 とモクサアフリカ 日本鍼灸の内側と外側/形井秀一,東郷俊宏,伊田屋幸子,川鍋伊晃,織田浩子
    <レポート>
    ・モクサアフリカ ウガンダ カンパラでのランダム化比較試験に関する予備報告―結核治療への補助的灸治療の利用について―/マーリン・ヤング
    ・学会レポート/織田浩子
    <連載>
    ■実録AcuPOPJ 普及啓発作業部会5
    鍼灸との出会い・普及活動の原点/堀口正剛
    ■ブレイクタイム39
    横溝正史のタネ?/尾川裕子
    ■身近に!漢方10
    クチナシ/須藤岳大