森ノ宮医療学園出版部

鍼灸OSAKA130号

  • 2,097円(税込)
  • 在庫:○
  • 購入する
  • 【内容紹介】
    今号特集は、治療家ならきっとある(・・)はず(・・)の「得意穴」です。臨床の中でお気に入りとなった治療穴(My favorite acu & moxa point)を挙げていただき、なぜお気に入りなのか、そうなった経緯を語っていただきました。ツボ(治療点)は皆異なりますが、共通しているのは生きているツボであることです。共感いただけることも多いと思います。
    プロフェッションへ道Ⅱは、鍼灸治療で副作用について。患者さんに直に触れる治療だけに必要な事柄です。

    【目次】
    <巻頭言>
    鍼灸をもっと伝えたい/中村真理
    <口絵>
    うさぎ鍼(小児鍼)で著名な鍼家の近代的教本-杉原藤次郎著『鍼灸論』
    ・口絵解説
    『鍼灸論』杉原藤次郎1891年京都大学富士川文庫蔵/横山浩之
    <特集>私の得意穴
    ■インタビュー
    「私にとっては,得意穴というより特別灸です」市川みつ代先生/編集部
    ■私の得意穴
    ・主役であり名脇役「三陰交」/尾河由清
    ・百会の虜になる/尾﨑朋文
    ・秘蔵っ子のツボ,瘡瘍八処の灸点/福島哲也
    ・内因,外因の常要穴と,不内外因の”過去の古傷”/折笠和矢
    ・「五十肩」など肩疾患に6穴&運動鍼療法/辻涼太
    ・第5頸椎/谷岡賢徳
    ・痞根穴/宮川浩也
    ・穴性の再構築から導いた大包穴/金子朝彦
    ・『百症賦』(鍼灸歌賦)で見た浮白-私の治療点の決定法とその有効性-/新村勝資
    ・私のツボの見方と治療穴の選び方ー特効穴はあるかー/戸ヶ崎正男
    ■コラム
    病膏肓穴に入る・・・な日々/駒澤愛
    <治療院訪問>
    湘南慶育病院鍼灸科・鳥海春樹先生,福島哲也先生/編集部
    <寄稿>
    『切脈一葦』にみる分析派脈診法ー儒・易・医の三学を修めた格物致知としての脈診学ー/足立繁久
    <ニュース>
    ・学校教材用『刺絡鍼法概論』が完成!/奥野浩史
    ・平成30年7月豪雨をうけた広島県三原市での災害支援活動/三輪正敬
    ・ICMART-iSAMS 2018で高山真准教授の発表「災害被害者への鍼灸マッサージによる医療支援」がPoster Awardを受賞!/編集部
    <書評>
    『医療にみる伝統と近代 生きている伝統医学』/若山育郎
    <連載> 
    ■プロフェッションへの道レクチャー鍼灸テクニック2
    ・鼎談 副作用を起こさないーオーバードーゼ(刺激過多)の判断と防止のためにー/高士将典,金子朝彦,橋本巌
    ・アンケート結果
    ■鍼灸治療から傷寒論を読む第2回
    さあ、読み始めましょう。太陽病から。/池内早紀子
    ■もう一つの医療の歴史〈2〉
    神獣白沢と治病祈願/佐々木聡
    ■ブレイクタイム55
    谷崎の誤算その2/尾川裕子
    ■身近に!漢方26
    ハトムギ/三澤心